ブログ

まぶたが下がって見えにくい

眼瞼下垂は、上まぶたがきちんと上がらずに垂れ下がり、視野がさえぎられてしまう病気です。原因には、先天的にまぶたの筋肉の働きが悪いものや、加齢によるものがあります。このほか、外傷や脳腫瘍などの脳の病気による眼筋麻痺、手術後の後天的な要因でも起こすことがあるようです。また、症状はたいへん似ているけれど、実は眼瞼下垂ではないという例もあります。これらは、間違えやすい症状をみせますので、十分な検査が必要となります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ