ブログ

コンタクトレンズとの付き合い方

コンタクトレンズの種類

●ハードコンタクトレンズ

固い素材でできていて、耐久性に優れています。黒目より小さく、酸素供給が良く、目への負担は少ないでしょう。手入れも楽ですが、慣れないと異物感が強いのが難点です。慣れるまで最低でも1週間くらいかかります。

●ソフトコンタクトレンズ

柔らかい素材で装用感に優れていますが、汚れやすく、細菌が付きやすいため、手入れには注意が必要です。黒目が傷ついたときに、ハードレンズと違って痛みが少なく、角膜障害を起こしても気づきにくいのが欠点です。

●使い捨て(ソフト)レンズ

面倒な手入れもなく、1日もしくは数日使用した後は捨ててしまうタイプで、旅行などにも重宝するようです。しかし、捨てる期限を守らず何日も使用してしまう人がいます。使い捨てレンズは汚れが吸着しやすくできていて、洗浄しても落ちにくくなっています。決められた期間以上使うと、細菌感染の原因になりますので絶対にやめましょう。正しくしようすれば、安全に清潔に使用できるレンズです。

「使い方と注意点」

コンタクトレンズ、は、角膜を覆いますので、レンズの動きが悪いと酸素不足を引き起こす原因になりがちです。長年使い続けると、角膜に血管が伸びてきたり結膜の血管が拡張して充血しやすくなります。長時間の使用も目の為にはよくありません。休日や家にいるときは眼鏡を使用することをおすすめします。

●コンタクトレンズの洗浄

コンタクトレンズは黒目に直接触れるものですから、衛生には気を付ける必要があります。コンタクトレンズのケアでもっとも大切なことは、洗浄と消毒です。細菌感染しやすいソフトレンズは特に気を使いましょう。決められたケア用品を使わず、水道水で洗浄すると、まれですが、アカントアメーバに感染することがあります。これは、レンズから角膜に侵入する微生物で、増殖して細胞を侵し、角膜潰瘍を起こして失明する例もあるのです。ソフトレンズのケアで重要なことはこすり洗いです。必ず行うようにしましょう。

●コンタクトレンズが向かない人

コンタクトレンズを使用できない人もいます。①ドライアイの人②目にアレルギーがある人③結膜炎など炎症のある人④小学生などの子供 ただしクラブ活動などでどうしても必要な場合はスポーツ時のみ一時的に使用することはできるでしょう。いずれにしても、これらの場合は医師と相談して決めることになります。コンタクトレンズは医療用具だということを忘れず、装用時間や手入れの方法を守り、定期検査を必ず受けるようにしましょう。

  カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 未分類

ページトップ