ブログ

コンタクトレンズを使う前に

メガネと違って顔の印象を変える事がないうえ、目にかかる負担が軽いタイプや手入れが簡単なタイプとさまざまな製品が開発されています。コンタクトレンズを使用する人が増えたため、「誰にでも簡単に使える」と思う方も多いようですが、実際には目の状態によってコンタクト装用の向き不向きがあり、正しい作り方、使い方を」しなかったために起こるさまざまなトラブルも増えてきています。トラブルを防ぎ、快適に使うにはまず自分がコンタクトレンズ使用に向いているのかいないのかをきちんと理解しておくことが必要です。

向かない人をあげてみると、角膜や結膜に病気のある人、定期的に診断を受けられる環境にない人、正しい手入れを続ける自身がない人、目の異常に鈍感な人、ドライアイの人、パソコンを使うなど長時間手元を凝視する職業の人などとなります。

逆にメガネよりもコンタクトレンズのほうが適しているといえるのは、強度の近視の人、左右の視力の差が大きい人、乱視の激しいひとなど強度の矯正が必要な場合です。また、職業や生活の都合でメガネをかけられない人も当てはまります。目にとって何が一番良いかを考えて選択しましょう。当院ではコンタクトレンズの相談も行っております。お気軽にご相談ください。

  カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

ページトップ