スポーツと子供の視力

視は学齢期に発症することが多く、成人後の新規発症は少ない。そのため学齢期の近視の発症や進行を防ぐことが、その後の長い人生の視機能にとって重要です。近視の発症には遺伝要因と環境要因があります。環境要因により近視の発症・進行を抑制可能と考えられます。近視の発症を促す環境要因としては、学習やゲーム、パソコンなどの近見作業が挙げられ、一方、スポーツや野外活動は近視リスクを抑制する可能性があるとされています。

投稿日:2022年5月23日  カテゴリー:眼の症状

|
ページトップ