ブログ

スマホ老眼

スマートフォンなどの携帯端末の普及により、20~30代の方でも「近くが見づらい」と訴える人が増えてきました。スマホ老眼という言葉は医学用語ではありません。ディスプレイ画面を長時間、長期間見続ける事により、調節力の低下と考えられています。また、ブルーライトや体内時計、自律神経との関連もあると言われていますが、直接的な原因は不明です。症状としては、遠方の見づらさがあります。対処法としては、スマホを見る時間を減らす。メガネやコンタクトレンズの度数を少し弱めにしてみる。緊張をほぐす目薬などを処方してもらう。また、厚生労働省はVDT作業のガイドランより、「周囲の明るさともにたーの明るさをそろえる」、「文字は大きくする」、「連続して使用する場合は1時間を超えない」もし越える場合は15分程度の休憩をとるなど、目に対する配慮を促しています。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ