ブログ

光視症

収縮した硝子体が網膜を引っ張って刺激し、目の前をピカピカした光やスパークが走って見えます。多くは目の横の方で光り、この症状は半年ほど続きます。光視症は、単なる加齢に伴う症状で、裂孔や剥離と関係がなく、心配する必要がない場合もありますが、重大な眼病の前兆の事もすくなくありませんので、気になる方は早めに受診しましょう。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ