ブログ

円錐角膜

片目、あるいは両目の角膜の中央が薄くなり、少しずつ前方にせり出して変形していく病気です。角膜が円錐状になって見え方がゆがみ、視力が低下します。多くは10~20歳代で発症し、少しづつ進行して、30歳頃には進行が止まるようです。原因は不明です。初期のうちは、光に敏感になったり、見えにくい程度ですので、コンタクトレンズなどで矯正することが出来ます。角膜の突出が進行すると、コンタクトレンズもつけられなくなり、角膜に孔が開いたりすることもあります。進行した場合は角膜移植手術を受けることになるでしょう。

当院では円錐角膜の方のコンタクトレンズや眼鏡の処方も行っております。お気軽にご相談下さい。(眼鏡の処方は日曜日のみ予約制です)

  カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

ページトップ