学校健診見え方の4段階表示

学校健診で眼科の受診を勧められたら、診察の結果を指定の用紙に記入致しますので用紙をお持ちください。

通常眼科で行う検査とは違いますのでもう一度詳しく視力測定をします。

A判定以外の場合は、早めに受診するようにしましょう。学校健診の視力検査はA, B, C, Dによる判定で、「A」は視力1.0以上、
「B」は視力0.9〜0.7、「C」は視力0.6〜0.3で、教室での授業に多少影響する事もありますので対策が必要です。「D」は視力0.2以下で、教室の最前列でも黒板の字が見えにくいので早急に対策をしましょう。

通常眼科で行う検査とは違いますのでもう一度詳しく視力測定をします。

眼科での視力検査の結果により、経過観察で良い場合や、視機能回復のための訓練が必要な場合、点眼治療をする場合があります。必要があれば、眼鏡やコンタクトレンズを処方いたします。

近視進行予防についてはオルソケラトロジーの選択もあります。詳しくは医師又はスタッフにお尋ね下さい。

投稿日:2022年2月1日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

|
ページトップ