ブログ

小学生の子供が目を細めて見ています。目が悪いの?

おそらく近視・遠視・乱視などがあるのではないでしょうか。目を細めて見ているのは、ピントをよりよく合わせて目の性能を高めるためです。たとえばカメラは「絞り」を絞り込むとピントがシャープになって写真がくっきり撮れます。それはピントの合う前後の範囲が広くなるためです。目も同じで「絞り」の代わりに目を細めると、ピントが合う前後の範囲が広くなり、像のボケが少なくなります。そのためものがきれいに見えるのです。

子供は経験的に目を細めると見やすいことを知っているのです。一度眼科にかかって調べてみてはいかがでしょうか?

 

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ