ブログ

弱視とは?

こどもの目の発達には、たえず物を見る訓練が必要です。眼から受けた刺激を脳が正しく理解するのに訓練が必要だからです。目を開けていろいろなものをみているうちに、目からの刺激を脳が正しく理解するようになるのです。もしもこの視力が発達する途中で、見る訓練が行われなかったら、視力の発達が抑えられ、止まってしまいます。これを弱視と言います。近視で眼鏡をかけると見えるようになる場合は弱視とは言いません。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ