ブログ

心が原因となる視力低下

目に異常がないのに、視力低下や色覚異常を訴える子供が増えています。これは、心因性視覚障害といい、心理的なストレスが原因で、視覚に異常が起こるものです。主に7~12歳くらいの子供、特に女児に多く発生し、男児の3~4倍となります。視力が急に落ちたり、視野が狭くなるなどの症状が現れることが多いようです。これは、小学生くらいの子ともに時々見られ、なんかの精神的ストレスが、目の機能に障害をもたらしているものです。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ