ブログ

温冷効果で疲れ目対策

目の疲れが引き起こす不快な症状は、もとをたどれば眼球を動かす筋肉や毛様体に起こる一種の筋肉痛です。使い過ぎによって、筋肉が緊張して凝り固まってしまうという点では肩こりにも似ています。なるべく軽いうちに解消していく事が大切です。一番有効な方法は、「目を休める」ことです。また、手軽に疲れを解消するには、目の筋肉の血行を良くするのも一つの手です。こりや筋肉痛は、筋肉の血行不良が原因となっているからです。血行がスムーズになれば、筋肉中にたまった疲労物質を押し流すことができます。酸素や栄養を十分に補給することも出来ます。目に冷やしタオルや、蒸しタオルをあて、刺激を与える方法がいちばん簡単です。目に痛みがある時は炎症を起こしている可能性があるので、温めずに冷やすことが必要になります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ