ブログ

物が歪んで見える加齢性黄斑変性症

この病気が起こる最大の原因は目の老化にあります。目の老化によって、網膜の中心にある「黄斑部」はたらきが悪くなる病気です。網膜はものを映し出す「フィルム」のような組織ですが、なかでも解像力にすぐれ、中心的役割を果たす部位が「黄斑部」です。ここには、ものを見るのに必要な視細胞がぎっしりと並び、常に光や色をキャッチするために働いています。目の組織が老化し始めると、黄斑部では視細胞に栄養を与える「網膜色素上皮」が縮んだり、網膜の外側の組織「脈絡膜」にできた「新生血管」という血管が網膜に入り込むなどという変化がおこり、視細胞の物を見る働きを妨げます。

  カテゴリ:未分類

ページトップ