ブログ

白内障の手術に踏みきる時期

初期の段階でいきなり手術が行われることはありません。大切なのは手術を受けたいほど、生活に支障があるかどうかです。いずれ進行するにせよ、まだにごりも少ないうちから、水晶体を摘出する必要はないでしょう。通常は新聞や雑誌、テレビなどが見えにくくなった、また運転免許の更新が出来ないなど、生活上不便を感じるようになったら医師と相談してください。個々の生活状況などに応じて、時期を決めると良いでしょう。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ