ブログ

白内障の手術の前に

手術の際に一番大切なのは、手術後の生活でどのような見え方を希望するのか決めておくことです。白内障の手術ではまず濁った水晶体を取り除いて、ほとんどの場合人口のレンズを挿入することになります。このレンズは水晶体と違い、対象物の距離によって厚みを変える事が出来ませんから、裸眼でよく見える距離と、眼鏡をかけなければよく見えない距離がどうしてもできてしまいます。そのため、どの距離をはっきり見たいのかをよく考えて、挿入するレンズを決める必要があります。

まず、近くのものをはっきりと見えるようにしたい場合は、近視の状態になる人工レンズを使用します。手術後は、手元の作業は裸眼でできますが、遠くのものを見る時は眼鏡をかけることになります。遠くのものをはっきりと見たい場合は、近くのものを見る時に眼鏡を使うようになります。また、中距離に合わせる方法もあります。多焦点眼内レンズは従来の眼内レンズと違い、遠距離・中間距離・近距離など複数の位置に焦点が合います。よって遠くの景色にも近くのメモにもピントが合うようになりますが、保険がきかず自費診療になります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ