ブログ

細菌性角膜炎

角膜が傷ついたり涙が減少すると、保護力が弱まって細菌感染しやすくなるのです。感染すると、角膜の真ん中を細菌が侵食して角膜潰瘍を起こします。やがて角膜に穴が開く角膜穿孔という重大な経過をたどり、視力障害や失明につながる可能性がたかくなるため、一刻も早い治療を行ってください。原因菌を調べ、有効な抗生物質を投与します。目がいつまでも痛むときはすぐに受診するようにしましょう。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ