ブログ

網膜剥離

※網膜剥離※

10~20歳代と50~60歳代の近視の人に発生しやすいことが知られています。多くは網膜に穴があき(網膜裂孔)、その穴から目の中の水分が網膜の裏側にまわりこんで穴を広げていき、網膜が網膜色素上皮だけ残して、脈絡膜から剥がれます。網膜剥離の部位は、最初は網膜の周りの一部で起こることが殆どですが、経過とともに網膜全体に広がり、失明してしまいます。

治療は、網膜が剥がれる前の穴だけの網膜裂孔の状態なら、レーザー光線で穴の周りの網膜を焼き固めることで、目の中の水分が網膜の裏側に回り込むことを防ぎ、網膜剥離への進行を予防できることがほとんどです。しかし、網膜が剥がれてしまうと、手術以外に治療法はありません。治療が遅れると治療が難しくなりますし、網膜が治っても視力が戻らなかったり、物が歪んで見えたるする後遺症を残します。黒いものが飛んで見えたり、周辺に黒いものが見えた場合には、早めに眼科を受診しましょう。

 

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ