ブログ

老人性遠視

45歳以上になると、生理的に屈折状態が遠視側に移行する傾向があり、これを老人性遠視といいます。原因は角膜や水晶体、硝子体等の各種要因がありますが、主原因としては毛様体筋の生理的緊張が衰えることにあります。水晶体が老化すると、水晶体の前後両面の曲率が減少してくることなどが考えられます。

 

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ