老眼になったら

まずは眼科で相談してみましょう年齢や症状によって色々な対処法があります。眼科医や専門知識を持つスタッフにアドバイスしてもらいましょう。初期なら、現在使っているコンタクトレンズやメガネの度数を変えたり、遠くの見え方と近くの見え方のバランスを取る事により改善出来る事もあります。また、一般的な対処法は、老眼鏡です。最近は遠近両用タイプのコンタクトレンズを使うという方法もあります。
遠近両用コンタクトレンズなら、周りの人に気づかれることなく、老眼への対処が可能です。老眼鏡のように、かけ外しが必要がない便利さもあります。
遠近両用のコンタクトレンズの使用がや老眼鏡の使用が、老眼の進行に影響を与えることはありません。早めに使用を開始すると、見え方に慣れやすいと言われています。ただし乱視の強い方などや、強度近視、強度遠視の方には合う遠近両用のコンタクトレンズが少ないのが現状です。

投稿日:2022年5月3日  カテゴリー:眼の症状

|
ページトップ