ブログ

薬物が目に入ったら

目の中に薬剤が入った場合、その薬剤の性質、濃度、時間によって症状が大きく異なります。一般に酸性の薬剤とアルカリ性の薬剤を比べると、アルカリ性のものの方が非常に病後の経過が悪いことが多いです。また、薬剤が目に入ってからどのくらい時間がたったのかで、病後の経過が大きく左右されるため、薬剤が目に入ったら、まずは水道水でいいので目を最低10分以上は洗い流してください。通常、自分で十分に眼を洗ったと思っていても、洗えていない場合もしばしばあるのでしっかりと目を開けてよく洗いましょう。何もしなかったり、目薬を点しただけで、時間が水分立った後にまだ痛みが取れず受診しても手遅れの可能性もあります。

※危険な薬剤※

《酸性薬剤》塩酸、硫酸、硝酸、漂白剤、酸性洗剤など

《アルカリ性薬剤》水酸化ナトリウム、アルカリ性洗剤、毛染め液、パーマ液、生石灰、セメントなど

何か目に入った場合は早急に眼科を受診しましょう。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ