ブログ

視力検査

視力検査は目の状態を知るための基本です。最初に裸眼視力をはかり、次に矯正視力を調べます。5m離れたところからアルファベットのCの字に似た「ランドルト環」というマークの向きを読んで行う方法がよく知られていますが、他にも眼底に光を当てたり、装置を使って屈折度を調べる方法があります。前者の検査では、視力「0.1」「0.5」などというおなじみの数字が、後者の検査では、○Dという数字が判明します。両者はともに「物を見る能力」をあらわす数字ですが、前者は2つの点を識別できるかどうか、後者は角膜や水晶体に「光を曲げる力」がどのくらいあるかを示すもので、基準が異なる別の数値です。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ