ブログ

角膜内皮障害

痛みや違和感などは感じられず、初期には自覚症状が特にありません。ひどくなると角膜が白く濁ったり、角膜がむくんで痛むことがあります。角膜の表面から角膜上皮、角膜実質、デスメ膜のさらに内側にある「内皮」の細胞が少しづつ減少していき、やがては失明や視力が著しく減退するという眼障害です。生まれつきや、コンタクトレンズの長時間装用、目の手術などが原因として挙げられます。コンタクトの場合は酸素供給不足状態が長い年月続くことで発症しやすくなります。角膜内皮は減る事はあっても増える事はありません。細胞分裂を行い自己再生する機能を持っていないからです。すでに進行してしまっている場合の治療法には「全層角膜移植手術」を行って角膜自体を移し替える方法があります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ