ブログ

調節けいれん

視力低下を生じ、目の奥に痛みや頭痛めまいなどを伴います。また、見えたりみえなかったりと、視力の変動もはげしいです。毛様体筋が強い痙攣状態にあるので、低濃度アトロピンなどにより、治療を行う。治療することにより、調節機能は正常に回復し、視力は安定します。眼精疲労の症状が強く出ます。眼の中の筋肉がこり固まった状態が続くと近くを見る態勢のままで目が固まってしまうので近視化(調節緊張)してしまい、 調節痙攣の症状が出ることがあります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ