ブログ

近視のメガネが合わなくなった

おそらく「近視」の進行が考えられます。近視は思春期の頃から始まり、25歳前後まで度が進みます。目は網膜にピントを合わせ、見た物の画像を脳へ届けます。遠くの物が、網膜にピントを結ばない状態を「屈折異常」と呼び、近視もその一つなのです。近視なると近くはちゃんと見えますが、遠くのほうがぼやけてきます。眼球の奥行きが長くなりすぎるため、近くの者にしかピントを合わせられない状態です。メガネなどで矯正できるものを「単純近視」といい、遺伝因子が原因であるといわれています。

急に視力が低下した時は眼の病気を起こしていることが多いので、早急に眼科を受診してください。ブドウ膜に炎症が起こる「ブドウ膜炎」、視神経の炎症である「視神経炎」などは治療が遅れると、重大な視力障害を残すことになります。

  カテゴリ:眼の症状

ページトップ