ブログ

遠くの緑を見ると目に良いってホント?

緑は昔から目に優しいと言われています。緑や青色などを目で見て、血圧や呼吸・脈拍・脳波などを測定するとリラックスした値を示すと言われています。それに対して、赤やオレンジ、黄色などは緊張を高めるような反応を示してしまいます。

空の青色を見たり、緑の木を見たりすることは精神的に緊張を和らげるだけでなく、目の疲れをとる効果があるのです。

  カテゴリ:その他

ページトップ