ブログ

申し訳ございません。お探しのページが見つかりません。

アーカイブ: 2月 2018

3月休診日ご案内

3月の休診日は

3月1日、8日、15日、22日、29日でございます。

ご予約は前日までにお願いいたします。(眼鏡の処方箋は日曜のみで、要予約になります)眼底検査、視野検査も予約制ですのでご予約お願いいたします。

ご予約はこちらの電話番号へ前日までにご予約下さい。045-311-1514

 カテゴリ:お知らせ

コンタクトレンズは医療用具です

最近コンタクトレンズ使用者の眼障害による眼科受診が増加しています。主なトラブルには以下の様なものがあります。

① コンタクトレンズのカーブが目に合わず、角膜に傷がつき視力障害を起こした。

②細菌性の感染症にかかっているのに気づかず、コンタクトを使用し炎症が悪化した。

③度数が合っていないコンタクトレンズを使用し、眼精疲労や強度の頭痛を起こした。

④面倒くさいからコンタクトを付けたまま寝てしまい、目を傷つけてしまった。

⑤ 使い捨てレンズの使用期間を守らず使用し、目に炎症を起こしてしまった。

⑥ 保存液の代わりに水を使用したり、毎日のケアを怠ったためによる眼障害を起こした。

コンタクトレンズは「医療用具」です。使用方法を誤ると目に障害が起きます。コンタクトレンズによる目の障害から眼を守るためにも、いつも正しいケアを心がけ、眼科専門医による正しい処方と定期的な検査をしましょう。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

薬物が目に入ったら

目の中に薬剤が入った場合、その薬剤の性質、濃度、時間によって症状が大きく異なります。一般に酸性の薬剤とアルカリ性の薬剤を比べると、アルカリ性のものの方が非常に病後の経過が悪いことが多いです。また、薬剤が目に入ってからどのくらい時間がたったのかで、病後の経過が大きく左右されるため、薬剤が目に入ったら、まずは水道水でいいので目を最低10分以上は洗い流してください。通常、自分で十分に眼を洗ったと思っていても、洗えていない場合もしばしばあるのでしっかりと目を開けてよく洗いましょう。何もしなかったり、目薬を点しただけで、時間が水分立った後にまだ痛みが取れず受診しても手遅れの可能性もあります。

※危険な薬剤※

《酸性薬剤》塩酸、硫酸、硝酸、漂白剤、酸性洗剤など

《アルカリ性薬剤》水酸化ナトリウム、アルカリ性洗剤、毛染め液、パーマ液、生石灰、セメントなど

何か目に入った場合は早急に眼科を受診しましょう。

 カテゴリ:眼の症状

ドライアイセルフチェック

□ 目が疲れやすい

□ 乾いた感じがする

□ ゴロゴロする

□ 重い感じ

□ 涙が出る

□ 痛い

□ かゆい

□ 光を見るとまぶしい

□ 充血している

□ かすんで見える

□ 目やにが出る

□ コンタクトをはめると目が痛い

□ 目が熱い

□ 目を10秒以上開けていられない

以上の様な症状がありましたら「ドライアイ」の可能性があります。一度受診をお勧めいたします。

 

 カテゴリ:眼の症状

ページトップ