ブログ

申し訳ございません。お探しのページが見つかりません。

アーカイブ: 12月 2018

1月休診日ご案内

1月の休診日は

1月1日、2日、3日、10日、17日,24日、31日でございます。

12月30日~1月3日まで休診となりますのでよろしくお願い致します。

ご予約は前日までにお願いいたします。(眼鏡の処方箋は日曜のみで、要予約になります)眼底検査、視野検査も予約制ですのでご予約お願いいたします。

ご予約はこちらの電話番号へ前日までにご予約下さい。045-311-1514

 カテゴリ:お知らせ

コンタクトレンズが原因となりやすい点状表層角膜症

症状

軽い異物感、または無症状の事もあります。角膜の上皮が点状に欠けてしまった状態です。コンタクトレンズ装用者特有のもので、レンズや眼の乾燥からそういう形で傷がつきます。

原因

眼の乾きや涙の循環不足から起こる目の酸素不足、目を強く擦るなどの外的要因と、コンタクトレンズのケア用品の成分が原因で起こる場合もあります。また、ドライアイやレンズの形の不一致、汚れからも発症し様々な原因から起こりうる病気です。

治療

コンタクトの使用を中止することで自然に治ることが多いですが、傷が多くみられる場合には涙液の点眼やヒアルロン酸を使用して治療します。

 

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

緑内障の初期症状を見逃がさないポイント

まずほかの目の病気と同様に、視力の低下を感じたり、目の疲労感がひどく、肩こりや頭痛を伴う場合は要注意です。目が重いと感じたり、かずむときも、単なる疲れ目と放っておかず、必ず検査を受けましょう。次に、視野の一部が欠ける事はないか、視野に何も映らない黒い点がないかどうかを確かめましょう。視野の異常は、両目で見ているとなかなか気づかないものですが、目を閉じて片目ずつ調べると良く分かります。特に鼻側が欠けてないかチェックしてください。そして眼圧が高まっている場合は、眼球をまぶたのうえからそっと押してみると、異常を感じることが出来ます。もし弾力性が失われているようなら、緑内障のシグナルです。また、急性型の緑内障の場合は、光る物を見ると、周囲に虹がかかったように見える事があります。この段階で眼科の治療を受ける事ができれば、急性発作を防ぐことができます。

 カテゴリ:眼の症状

仮性近視

仮性近視とは、読書や勉強などで、近いところばかり見ていると、毛様体筋の緊張がほぐれず、水晶体は厚いまま固定してしまい筋肉が固まって偽の近視を作り出してしまう事です。特に小学生のように、まだ調節力が柔軟な時期は、教科書などを5cmくらいのところまで近づけても読めてしまいます。学童期の子供に仮性近視が多いというのも、そのような柔軟な体の条件も関係しています。病院で行う仮性近視の治療は、近くを見続けていた為に緊張した毛様体筋を、緩める方法をとります。アトロピンやミドリン、ネオシジンといった目薬を点眼したり、機械的に緊張を取り除いたりして、どこまで視力があるかを確かめるわけです。しかし、仮性近視でも100%仮性ということはほとんどなく、いわば、毛様体筋のなかに仮性と真性が同居しているケースがほとんどです。治療をして効果が現れる場合に限り仮性近視と呼びます。

 カテゴリ:眼の症状

良いソフトコンタクトレンズのポイント

●汚れにくい清潔なレンズを使いましょう

・1日の使い捨てタイプ

ケアの必要もなく、毎日新品のレンズに取り換えるので清潔に使用できます。

・定期交換タイプ

毎日きちんとケアすることで、汚れが蓄積する前に定期的に取り換えるので、清潔に使用できます。

●汚れが付きにくいレンズ素材を使いましょう

・ソフトコンタクトレンズ素材はイオン性と非イオン性があります。非イオン性素材はたんぱく質などの汚れが付きにくく、快適さが持続すると言われています。

●酸素を十分通すレンズを使いましょう

・酸素不足の角膜は細胞の元気がなくなり、さまざまなトラブルを起こしやすい状態になります。

当院では患者様一人一人の目に合ったコンタクトレンズ処方を行っております。お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

ページトップ