屈折異常

屈折異常

屈折異常とは

屈折異常とは

目のしくみはカメラに似ています。
カメラでいえば、角膜はレンズ、網膜はフィルム、そして水晶体はオートフォーカス機能の役目を持っています。
目に入った光が角膜と水晶体で屈折したのち網膜にきちんと像を結べばはっきり見えます。
これを正視といいます。角膜と水晶体で光が屈折する力と網膜までの距離が合わないとピンボケになります。
これを屈折異常といい、大きく分けて近視、遠視、乱視の3つがあります。

近視・遠視・乱視・老眼

近視、遠視、乱視、老眼等見え方にはそれぞれ違いがございます。
それぞれ対策方法が異なりますので一度ご相談ください。

ページトップ