ブログ

カテゴリ: コンタクトレンズ 眼鏡

遠近両用コンタクトレンズ

眼鏡やコンタクトレンズを使用中手元を見るときに、無理をしてピントを合わせようとすると、副交感神経が刺激され、血流の低下につながります。
その結果、目には疲労物質がたまり、肩の筋肉の温度も低下。肩こりや眼精疲労につながることがあります。
以前よりも目が疲れやすくなった。また、眼鏡やコンタクトレンズをはずすことが多くなったなどの症状がある方は、コンタクトやメガネが目に合ってない可能性があります。遠近両用コンタクトレンズは、1枚のコンタクトレンズに遠く用近く用の度数が入っており、遠方から近方までの見やすさを確保します。ソフト用ハード用ありますが、合う方、合わない方いらっしゃいますので、ご興味ある方は一度ご来院ください。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

老視の豆知識

老視は年を重ねてからなるものではありません。ピント調節力の成長は10歳くらいまでと言われています。実際に症状として現れるのは40歳頃ですが、ピント調節力は変化し続けますので、定期的に検査を受け、眼鏡やコンタクトレンズの調整をしましょう。近視の人は老視になりにくいと言われていますが、近視の人は近くにピントを合わせるのが得意なので手元がぼやけて見える距離が、遠視や正視の人と比べて緩やかに現れます。近視の人も正視の人とおなじように眼鏡やコンタクトレンズを合わせるとやはり近くの見づらさは45歳くらいから現れてきます。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

シニアビジョンとコンタクトレンズ

① 単焦点コンタクトレンズの度数を遠方に合わせ、その上から老眼鏡を使用

② 単焦点コンタクトレンズを中距離から近方に合わせ、遠方を見る時に遠方メガネを使用する

③ 遠近両用コンタクトレンズを使用する

④ モノビジョンで合わせる。優位眼を遠方、非優位眼を近方に合わせて使用する眼を選択する方法。

⑤ モディファイドモノビジョンで合わせる。遠近両用コンタクトレンズを用いて優位眼を遠方非優位眼を中~近方に合わせる方法。

⑥ 遠近両用コンタクトを装用した上から遠用または近用メガネを使用する

色々な方法がございますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

モディファイドモノビジョン

片方の目に遠近両用コンタクトレンズを装用し、もう片方の目に単焦点のコンタクトレンズを入れる方法です。また、両方の目に遠近両用のコンタクトレンズを装用し片方の目を遠くが見えるように合わせ、もう片方の目を中間から手元まで合わせる方法もあります。いずれのやり方も合う方合わない方がいらっしゃいますので、ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

遠近両用メガネを作る時の注意点

初めて遠近両用メガネを使用する場合は遠用部と近用部のの度数差が大きいと慣れにくいので注意が必要です。累進レンズでは、レンズのどの部分を通して見るかが大きく使い心地を左右するので、フレームのフィッティングや、眼鏡をかけた時の目の位置や、レイアウト(レンズの何処に遠用・近用の度数を配置するか)などが重要になります。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

コンタクトレンズが原因となりやすい点状表層角膜症

症状

軽い異物感、または無症状の事もあります。角膜の上皮が点状に欠けてしまった状態です。コンタクトレンズ装用者特有のもので、レンズや眼の乾燥からそういう形で傷がつきます。

原因

眼の乾きや涙の循環不足から起こる目の酸素不足、目を強く擦るなどの外的要因と、コンタクトレンズのケア用品の成分が原因で起こる場合もあります。また、ドライアイやレンズの形の不一致、汚れからも発症し様々な原因から起こりうる病気です。

治療

コンタクトの使用を中止することで自然に治ることが多いですが、傷が多くみられる場合には涙液の点眼やヒアルロン酸を使用して治療します。

 

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

良いソフトコンタクトレンズのポイント

●汚れにくい清潔なレンズを使いましょう

・1日の使い捨てタイプ

ケアの必要もなく、毎日新品のレンズに取り換えるので清潔に使用できます。

・定期交換タイプ

毎日きちんとケアすることで、汚れが蓄積する前に定期的に取り換えるので、清潔に使用できます。

●汚れが付きにくいレンズ素材を使いましょう

・ソフトコンタクトレンズ素材はイオン性と非イオン性があります。非イオン性素材はたんぱく質などの汚れが付きにくく、快適さが持続すると言われています。

●酸素を十分通すレンズを使いましょう

・酸素不足の角膜は細胞の元気がなくなり、さまざまなトラブルを起こしやすい状態になります。

当院では患者様一人一人の目に合ったコンタクトレンズ処方を行っております。お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

コンタクトレンズの酸素透過性と角膜肥厚

角膜(黒目)は、大気中から酸素を摂取し、細胞分裂などを行う基となるエネルギー物質を前房水から摂取しています。角膜内に取り込まれた前房水は、ポンプ作用にて角膜外へ排出され、角膜内の水分量が一定に保たれています。角膜内の酸素量が低下するとこのポンプ作用が十分に機能せず、結果角膜の厚みが増加してきます。酸素を通す量の多いコンタクトレンズは、裸眼と同じように数時間後に角膜の厚みが元に戻るのに対し、酸素透過性の低いコンタクトレンズでは中々戻りづらくなります。角膜のポンプ作用が正常に戻らなく、目の負担になる事があります。コンタクトレンズは酸素透過性の高いものを選びましょう。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

コンタクトレンズの定期検査は受けましょう

良いコンタクトレンズを選んでも、間違った使い方をしていると眼障害を起こす場合があります。交換期間を守り、定期的に検査を受け正しい使い方をしましょう。

・目の健康状態を知りましょう

目に傷がついていないかなど、目のトラブルを早期発見できます。

・コンタクトレンズの状態も確認しましょう。

レンズの汚れ具合やキズの付き方などによってのアドバイスを受けましょう。

調子が良くても3か月に一回は定期検査をおすすめします。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡

眼鏡の度数も定期的に見直しましょう

強度の先天性近視以外で一般的には25歳を過ぎると近視の度は進まないとされています。若いころに作ったメガネを30歳、40歳になっても使用している方を見かけますが、中年以降徐々に近視が良くなることもあります。中年になると体の色々な個所の筋肉に張りが無くなるように、眼の筋肉も若いころにあった過剰な緊張がほぐれていき、緊張が取れると水晶体も薄くなり近視の度が弱くなると言われています。近視の度が軽くなったのに、それに気づかず今までと同じメガネを使用していると、強すぎるメガネをかけていることになり、眼が疲れたり、頭痛や肩こりの原因にもなります。せっかく視力がよくなったのに合わないメガネをかけて調子を悪くしたのではもったいないです。メガネの度数も定期的に見直し、眼に合ったメガネをかけるようにしましょう。

 カテゴリ:コンタクトレンズ 眼鏡, 眼の症状

ページトップ