コンタクトレンズ 眼鏡

近視・遠視・乱視の眼鏡

屈折異常の人は裸眼では物が見えにくいため、眼鏡などで矯正することになります。まず、近視の人は網膜の手前で結んでしまう焦点を矯正する必要があります。この場合は凹レンズ(球面)で屈折力を弱め、網膜の上ピントが合うように矯正します。遠視は網膜より後ろで結んでしまう焦点を、凸レンズを使って矯正します。凸レンズは光線をまとめて、屈折力を強くしますので、これで網膜上にピントを合わせることができます。

乱視は屈折力が縦と横で異なるため、円柱レンズという特殊な形状のレンズで矯正します。近視性乱視、遠視性乱視、混合性乱視など種類に合わせて、円柱レンズも凹や凸などを選びます。

老視の眼は、眼の老化現象ともいえるもので、近くを見るときの調節力が衰えることで起こります。老視の眼鏡は近用眼鏡ともいい、手元を見るときに、便利なものです。ところが老化を認めたくないとう心理が災いして、老眼鏡を使わないと、眼を疲れさせ、眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になるので注意しましょう。老化はすこしずつ進んでいくので、一般的には一生のうちで約4回ほど眼鏡を作り変える事になります。合わなくなった眼鏡を無理してかけ続ける人もいますが、自分の目の状態に合わせた適切な眼鏡に作り替えましょう。

※眼鏡にも処方箋があります

眼鏡の選び方ですが、眼鏡を作る際に行われる検眼は、本来、眼科で行わなければならないものです。しかし眼鏡店では眼科での処方箋がなくても、店内で検眼している場合もあります。視力の低下は、単なる屈折異常のほか、重大な眼疾患が隠されているということが少なくありません。特に中高年の場合は、白内障や緑内障など目の成人病が心配されますから、眼圧や眼底出血などを調べて目の病気を予防する必要がるのです。

眼鏡店ではそこまでの検査を行うことが出来ないので、重症な眼の病気が隠れているときに見逃してしまう可能性もあります。眼鏡を作る際には、まず先に眼科を受診して詳しい検査を受け、眼鏡の処方箋をもらって、眼鏡転に持っていくようにしましょう。

当院では、日曜日に眼鏡の処方箋を予約制でお書きしております。前日までにご予約ください。

電話 045-311-1514

投稿日:2017年1月16日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡 ,眼の症状

コンタクトレンズとの付き合い方

コンタクトレンズの種類

●ハードコンタクトレンズ

固い素材でできていて、耐久性に優れています。黒目より小さく、酸素供給が良く、目への負担は少ないでしょう。手入れも楽ですが、慣れないと異物感が強いのが難点です。慣れるまで最低でも1週間くらいかかります。

●ソフトコンタクトレンズ

柔らかい素材で装用感に優れていますが、汚れやすく、細菌が付きやすいため、手入れには注意が必要です。黒目が傷ついたときに、ハードレンズと違って痛みが少なく、角膜障害を起こしても気づきにくいのが欠点です。

●使い捨て(ソフト)レンズ

面倒な手入れもなく、1日もしくは数日使用した後は捨ててしまうタイプで、旅行などにも重宝するようです。しかし、捨てる期限を守らず何日も使用してしまう人がいます。使い捨てレンズは汚れが吸着しやすくできていて、洗浄しても落ちにくくなっています。決められた期間以上使うと、細菌感染の原因になりますので絶対にやめましょう。正しくしようすれば、安全に清潔に使用できるレンズです。

「使い方と注意点」

コンタクトレンズ、は、角膜を覆いますので、レンズの動きが悪いと酸素不足を引き起こす原因になりがちです。長年使い続けると、角膜に血管が伸びてきたり結膜の血管が拡張して充血しやすくなります。長時間の使用も目の為にはよくありません。休日や家にいるときは眼鏡を使用することをおすすめします。

●コンタクトレンズの洗浄

コンタクトレンズは黒目に直接触れるものですから、衛生には気を付ける必要があります。コンタクトレンズのケアでもっとも大切なことは、洗浄と消毒です。細菌感染しやすいソフトレンズは特に気を使いましょう。決められたケア用品を使わず、水道水で洗浄すると、まれですが、アカントアメーバに感染することがあります。これは、レンズから角膜に侵入する微生物で、増殖して細胞を侵し、角膜潰瘍を起こして失明する例もあるのです。ソフトレンズのケアで重要なことはこすり洗いです。必ず行うようにしましょう。

●コンタクトレンズが向かない人

コンタクトレンズを使用できない人もいます。①ドライアイの人②目にアレルギーがある人③結膜炎など炎症のある人④小学生などの子供 ただしクラブ活動などでどうしても必要な場合はスポーツ時のみ一時的に使用することはできるでしょう。いずれにしても、これらの場合は医師と相談して決めることになります。コンタクトレンズは医療用具だということを忘れず、装用時間や手入れの方法を守り、定期検査を必ず受けるようにしましょう。

投稿日:2016年10月26日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡 ,未分類

ソフトコンタクトレンズこすり洗いをしないと・・・

目から外した後、こすり洗い+すすぎをしないと、ケース内の生存菌がゼロになることはありません。ソフトコンタクトレンズは、素材に水を含んでいるので、雑菌が繁殖しやすく、こすり洗いなどの正しいレンズケアを行うことにより、感染のリスクを減らすことができます。また、ケースの中の液を継ぎ足したり、交換しなかったりするとレンズの消毒が十分できません。そのうえ、雑菌がケース内にバイオフィルムという膜をつくり、増殖しやすくなります。ケースも洗浄し乾燥させ、清潔に保つことが重要です。

投稿日:2016年10月4日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

コンタクトレンズがくもる、かすむ、ぼやける

コンタクトレンズが「くもる」、「かすむ」、「ぼやける」という症状は、原因として、レンズの汚れ、低矯正、過矯正、乱視が残る、左右の間違い、レンズの劣化、変形、目とレンズの合い方、老眼、目に傷が出来ている、結膜炎が起きている等のことが、考えられます。レンズの汚れは、適切な洗浄方法をおこなっているか、新しいレンズに替えることなどで対処できますが、その他の原因は眼科での定期検査にて分かることなので、このような症状がある場合は無理をせず、眼科で診てもらいましょう。

投稿日:2016年9月13日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡 ,眼の症状

眼鏡にも処方箋がある

眼鏡の選び方ですが、本来眼鏡を作るために行われる検眼は眼科で行わなければならないものです。視力の低下は、単なる屈折異常のほか、重大な眼疾患が隠されているということが少なくありません。特に中高年の場合は、白内障や、緑内障などの目の成人病ば心配されますから、眼圧や眼底出血などを調べて目の病気を予防する必要があるのです。眼鏡店ではそこまでの検査を行うことが出来ないので、重症な目の病気が隠れていることを見逃してしまう可能性が高いのです。眼鏡を作る際にはまず眼科を受診して詳しい検査を受け、眼鏡の処方箋をもらって、眼鏡店に持っていくようにしましょう。当院でも日曜日のみ眼鏡の処方箋をお出ししております。ご予約の上ご来院ください。電話番号 045-311-1514

投稿日:2016年8月2日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

眼鏡をすると近視が進むって本当ですか?

近視についまだては古くからその発症のメカニズムの研究がなされてきましたが、現在のところまだ解明はされておりません。ですから、眼鏡により近視が進むかどうかは完全には否定できませんが、理論的にはあり得ないと思われます。一般的に適正な度数の眼鏡を使用していれば、近視の進行とは全く関係ないといわれています。つまり眼鏡をしていようが、していなかろうが、進行する人はどんどん進行していくし、進行しない人はそのまま近視が止まるようです。大切なことは眼鏡の度数を合わせるときは適切な度数で使用するようにしましょう。

投稿日:2016年6月21日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

コンタクトレンズのケア用品は目に優しいものを選びましょう

黒目の表面にはタイトジャンクションと呼ばれる細胞間が密着した構造があり、下界からの水、イオン、雑菌などの侵入を防ぐことによりバリア機能を果たします。タイトジャンクションが破壊されて角膜バリア機能が低下すると病原微生物が眼内に侵入し、角膜感染症の原因になりえると考えられます。一般的な洗浄液はまれに、タイトジャンクションを破壊してしまうことがあります。できるだけ、目に優しいタイプの洗浄液を選ぶようにしましょう。当院では、コンタクトレンズや洗浄液のご相談もさせていただいております。ぜひ一度ご相談ください。

投稿日:2016年6月7日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

コンタクトレンズの汚れによる目のトラブル

※角膜びらん※

黒目の表面の上皮が部分的にとれた状態を「びらん」といいます。角膜潰瘍と違い軽症ですが、この角膜びらんを繰り返す再発性角膜びらんという状態になる人もいます。

※角膜潰瘍※

黒目の上皮がめくれる角膜びらんとは異なり、黒目表面が傷つき、そこから細菌などに感染し、上皮よりその奥の角膜実質にも濁ったり、薄くなったりといった影響が出ている場合を角膜潰瘍といいます。

※アカントアメーバ角膜炎※

汚れたレンズや保存ケースに付着したアメーバが黒目に感染して起こります。コンタクトレンズを正しく清潔に使用していれば感染する可能性は低いですが、いったん感染すると診断・治療は困難です。

※巨大乳頭結膜炎※

レンズの汚れ、主にたんぱく質が抗原となり、結膜(瞼の裏)にぶつぶつした乳頭ができます。角膜と傷つける原因になることもあります。

当院では、コンタクトレンズの正しい取り扱いや処方に力を入れております。お困りの症状などありましたら受診をお勧めいたします。

投稿日:2016年5月29日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡 ,眼の症状

コンタクトレンズを使う前に

眼鏡と違って顔の印象をかえることがないうえ、目にかかる負担が 軽いタイプや、手入れが簡単なタイプなど様々な製品が開発された結果、眼鏡に変えてコンタクトレンズを愛用するる人が増えてきました。その一方で、「誰もが簡単に使える」と思う方も多いようですが、実際には目の状態によってコンタクトレンズ装用の向き不向きがあり、正しいつくり方、使い方を徹底しなかったがために起こるさまざまなトラブルも増えています。

トラブルを防ぎ、快適に使うにはまず自分がコンタクトレンズ使用に向いているかいないのかをきちんと理解しておくことが、必要です。向かない人をあげてみると、角膜や結膜に、病気のあ人、定期的に診断を受けられる環境にない人、正しい手入れを続ける自信がない人。目の異常に鈍感な人、ドライアイの人などです。

こうした向き不向きを無視してコンタクトレンズを使い続けることは、目に決して良いことではありません。さらにコンタクトレンズにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。一人一人の目にあったコンタクトレンズを使っていく必要があります。当院ではコンタクトレンズの処方も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

投稿日:2016年5月8日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

紫外線とサングラス

紫外線の多い屋外で活動するときには、目を保護するためにサングラス利用したほうが良いことはみなさんご存じでしょう。しかし紫外線とサングラスの具体的な関係についてはよく知らない方も多いかもしれません。

ふだん私たちが見て、「まぶしい」と感じるのは、目に見える「可視光線」ですが、紫外線は目に見えない太陽光線で、波長によって区別される3つの種類、もっとも波長の長いUVA、2番目に長いUVB、もっとも短いUVCに分けられます。このうちUVCは地表まで届かないので、私たちの健康にとって問題になるのはUVA、UVBということになります。

サングラスの目を傷つけない働きについて、一定基準をクリアしているサングラスは、経済産業省の家庭用品品質表示法にのっとった緑のタグが付いています。これ以外のものはファッショングラスとよばれる別の物です。

これからは、紫外線が強くなりますので、サングラスをして目を守っていきましょう。

 

投稿日:2016年5月4日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡 ,その他

 

ページトップ