ドライアイ

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイとは

ドライアイとは、涙の質や量が低下し、目をうるおす力が弱まることで「目の乾き」を強く感じてしまう病気です。
コンタクトレンズの普及に加え、パソコンやスマートフォンを長時間見つめる暮らしが日常的になっている昨今、この症状に悩まされる人は年々増えています。ドライアイの患者さんは現在、日本に2,200万人もいると言われており、特にオフィスで働く人は3人に1人がドライアイであるとも言われています。
ドライアイが失明などの重大な結果をもたらすことは少ないですが、目の不快感や疲れが長く続き、生活の質を低下させてしまう症状ですので、ドライアイかな?と思ったら迷わず眼科を受診することをおすすめします。

ドライアイの原因

ドライアイは様々な要因によって引き起こされますが、代表的なものはコンタクトレンズの着用や、長時間のパソコンやスマートフォンの使用などです。また、冬場の乾燥した空気のもとではドライアイの症状が重くなりやすい傾向があります。その他にも、夜更かしや長時間の車の運転など、目を疲れさせる行いはドライアイを引き起こす可能性をはらんでいます。
また、男性よりも女性、そして若い方よりもご高齢の方のほうがドライアイになりやすいことが知られています。特に、年齢を経ると涙の分泌量や質が低下してきますので、お年を召した方はいっそう目の使いすぎに気をつけられたほうがいいでしょう。

ドライアイへの対策

涙の分泌量や質は、周囲の環境や生活習慣に大きく影響されています。パソコンをよく使う方は、目を大きく見開かなくてもいいようにパソコンの画面を目線より下に配置したり、こまめに休憩をとることが大切です。エアコンをつけるときは、風に直接当たらないようにしたり、加湿器を併用するように心がけましょう。
また、コンタクトレンズを着用すると涙が蒸発しやすくなり、ドライアイに繋がります。コンタクトレンズの正しい使い方を守ることはもちろんですし、こまめに目薬を点眼したり、加湿器や保湿用メガネなどを賢く使って目を守りましょう。

ページトップ