コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを利用する人は年々増えています。
その種類や性能はどんどん進化し、私達の生活にとても身近なものになりました。
しかし、コンタクトレンズは、目に直接ふれる矯正用具ですので、適切でないフィッティング、レンズの管理不良などがあると、最悪の場合、恒久的な視力障害を来たすこともあります。
当院では眼科専門医の指導のもと、快適なコンタクトレンズ生活が送れるよう、日々努力しています。
「コンタクトレンズってどんなものなんだろ」「コンタクトレンズをつかってみたいけど、どの種類がいいかわからない」 というような方は、ぜひご相談ください。

受診の際には、治療や経過についてわからないことがあれば、遠慮なくご相談ください。

  • コンタクトレンズが初めての方は、コンタクトレンズの装用練習に時間がかかりますので、診療終了時刻の1時間前までに来院していただきますようお願いいたします。
  • また、遠近両用コンタクトレンズをご希望の方も、検査に時間がかかりますので、診療終了時刻の1時間前までにご来院ください。
  • 現在お使いのコンタクトレンズの規格がわかるもの(管理手帳・パッケージなど)があれば参考にさせていただきますのでお持ちください。
  • 皆様に安心してコンタクトレンズをお使いいただくために、各種コンタクトレンズの無料お試しを行っております。(診察料は必要です)

当院では、『コンタクトレンズは高度管理医療機器である』という認識を持って診療を行っております

  • 視力矯正の領域では、コンタクトレンズの快適性や利便性が患者様に大きなメリットをもたらします。しかしながら、眼に異物を入れるわけですから、使用するには『安全性』が最優先されます。
  • 当院では、コンタクトレンズが初めての方はもちろん、すでに使用を開始されていらっしゃる方にも、定期検査を必ず受けていただくことや適切なレンズケアを行うこと、眼鏡を上手に活用すること…などトータルバランスを重視した診療・指導を心掛けております。
  • 当院では、患者様の使用状況によっては、サポート体制が充実しているメニコンメルスプランを推奨しております。ご自身の眼の健康のために、安全・適切なコンタクトレンズの使用プランをお選びください。
  • 詳しい店舗情報はこちらメニコン横浜(外部サイト)

処方取扱いメーカー

メニコン

1day:メニコン1day・メニコン1dayトーリック・Magic(1day)・1DAYプレミオ
2week:プレミオ・2weekプレミオトーリック・2weekプレミオ遠近両用・2week遠近両用・2weekDUO・2weekRei・2weekReiトーリック
ハードタイプ:ティニュー・Z・アイスト・EX
遠近両用タイプ:メニフォーカルZ

J&J

1day:モイスト・モイストトーリック・トゥルーアイ・ディファイン・1DAYオアシス
2week:オアシス・オアシストーリック・2weekディファイン

アルコン(旧 チバビジョン)

1day:デイリーズアクア・デイリーズアクアトーリック・デイリーズトータルワン・コンフォートプラストーリック・フレッシュルックデイリーズ イルミネート
2week:エアオプティクスアクア・エアオプティクス遠近両用・エアオプティクス ブライト・エアオプティクス カラーズ

シード

1day:アイコフレ・ヒロインメイク・1dayピュアうるおいプラス・1dayピュアうるおいプラス乱視用

クーパービジョン

1day:1dayアクエアエボリューション・1dayアクエアエボリューショントーリック・プロクリアワンデーマルチフォーカル・プロクリアワンデー マイデイ
2week:バイオフィニティ・バイオフィニティーXR・バイオフィニティトーリック

メダリスト

2week:メダリストマルチフォーカル(遠近両用)

コンタクトレンズのABC

コンタクトはなぜ酸素を通さなければならないのでしょう

皮膚が新陳代謝するのと同じように、角膜も新陳代謝のために呼吸をしています。ですから、角膜への酸素量が不足すると角膜が酸素不足の状態になり、正常な機能の維持が困難になってくるのです。
現在ではコンタクトレンズの品質が飛躍的に向上し、ハードコンタクトレンズもソフトコンタクトレンズも酸素透過性の高いコンタクトレンズが主流です。連続装用ができるほど、酸素透過性に優れたコンタクトレンズも登場し、ますます瞳に優しく安全性が高くなってきています。

コンタクトレンズには定期検査があります

コンタクトレンズは、購入後一定期間ごとに定期検査があり、コンタクトレンズの状態、眼の状態をチェックします。眼の健康をチェックする大切な検査ですから、たとえ調子が良い場合でも、必ずお受けください。
コンタクトレンズに取れないタンパク質やカルシウムが付着しているときなど、眼への悪影響を防ぐために、すぐにコンタクトレンズを買い替えていただいた方が良い場合もあるのです。指示された定期検査はお忘れなく。

眼鏡と比べてこんなに違います。コンタクトレンズのメリット

1.フレームがないからこんなにうれしい!
素顔の魅力100%

フレームがないので、素顔はスッキリ爽やか。特に、オシャレが気になるお年頃の女の子の場合、コンタクトレンズにしただけで性格まで明るくなったと言われる方もたくさんいらっしゃいます。

約180度のワイドな視野

眼鏡ではフレームで視界がさえぎられるため、視界は約120度。でも、コンタクトレンズなら約180度の広い視野が得られます。

汗でズレない

汗をかいてもフレームのズレを気にする必要はありません。スポーツも思いっきり楽しんでいただけます。

2.レンズがくもらない

コンタクトレンズはいつも涙で濡れているため、湯気や雨の日の湿気にもくもりません。また、温度差のある場所に移動したときにもくもることはありません。

3.右0.1、左0.8でも爽やかアイライフ

左右の視力が極端に違う場合、眼鏡ではものの大きさが異なって見えるため、眼が疲れたり、頭痛が起きたりすることがありますが、コンタクトレンズならこのようなことは少なくなります。

4.強度近視でも、ものの大きさ実物大

眼鏡では近視が強くなるほどレンズが厚くなり、ものが実際よりも小さく見えますが、コンタクトレンズなら大丈夫。強度の近視や遠視の方でもほぼ実物大でものが見えます。

直接眼にはめるコンタクトレンズ。調子が良くても、過信は禁物です

コンタクトレンズは、どんなに性能の優れたものでも眼にとっては異物です。眼科医の指示通り、取り扱いや毎日のケアを守らないと、眼に良くない影響を与えることがあります。調子が良いからといって過信は禁物。肉眼では判断できない傷や汚れがレンズに付いているかもしれません。大切な眼のためには、初心忘れるべからず。眼科医の指示を正しく守り、検査は必ず受けましょう。

コンタクトレンズは高度管理医療機器。眼科医の検査が必要です

装用時間・期間を正しくお守りください。取扱方法を守り、正しくご使用ください。指示された検査は必ずお受けください。少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。

ページトップ