ブログ

乱視の原因

生まれつき角膜がラグビーボールのようにいびつな形をしている正乱視と、表面が凸凹に波打った形状の不正乱視があります。正乱視は、近視や遠視と同じような屈折異常ですが、不正乱視の方は角膜の病気や外傷が原因で起こるものです。角膜の歪みは誰にでもあります。ただし、程度がわずかなうえ、若いうちは調節力があるので、乱視に気づきにくいのです。中高年になって調節力が低下すると、目が疲れるなどの乱視の症状が現れることがあります。

正乱視はメガネで矯正が出来ますが、不正乱視はメガネでは矯正ができません。軽い乱視はちょっと目が疲れる程度なので、とくに不便を感じなければ矯正する必要はありません。しかし、強度の場合はどこを見ても、ピントが合わないため、常時矯正していないと、目に無理がかかり、視力低下が起こります。早めに適切なメガネやコンタクトレンズで矯正しましょう。

 

投稿日:2018年4月23日  カテゴリー:眼の症状

診察をスムーズに進めるために

眼科の問診ではおもに、次のような事をお聞きします

1.今、どんな症状がきになるのか

2.いつごろから、その症状が出始めたのか

3.どんな時にその症状が出るのか

4.その症状はどれくらい持続するのか

5.目以外の持病はあるのか

6.継続的に服用しているくすりはあるのか

7.家族に目の病気や生活習慣病の人はいるか

8.近視、遠視、乱視などの屈折異常はあるか

9.生活習慣、生活環境、職業について

病院を訪れる前には、わかる範囲で答えられるようにしましょう。

投稿日:2018年4月11日  カテゴリー:その他

角膜混濁

角膜は本来透明ですが、潰瘍や炎症、けがなどのときには、血管が侵入したり、濁ったり厚さが変化したりします。病気が収まった後でこの混濁が残った場合はうっすらした混濁を角膜片雲、真っ白な混濁を角膜白斑と呼びますが、混濁の濃さ、場所、広がりと瞳の関係によって視力が様々な程度に障害されます。濃い濁りでも角膜の端の方なら視力に関係ないですが、薄くて小さな濁りでも中心部にあれば視力が低下します。角膜混濁だけの為に視力が悪い場合、眼底などには大きな病変が無くて、角膜さえ透明ならば視力が回復する可能性のある場合や、潰瘍が穿孔しそうになって失明寸前の場合などには、角膜移植がが決定的な治療法になります。

投稿日:2018年4月2日  カテゴリー:眼の症状

調節性眼精疲労

遠視の人がメガネをかけないでいると、視力が良くても無意識のうちに自分の水晶体を余分に膨らませているために、目に無理な負担がかかってしまいます。目が疲れるという人の中で一番多いのがこの遠視であることを知らないでいた人で、メガネをかけると楽になります。かけ始めは少々ぼんやり見えると感じる事もありますが、細かい作業のときから使い始めると楽で手放せないようになります。また、強すぎるメガネをかけている人も同じ条件になります。近くにピントを合わせる作用の弱まった老視の人も我慢してメガネをかけないでいると、眼精疲労がおきます。

投稿日:2018年4月2日  カテゴリー:眼の症状

4月休診日ご案内

4月の休診日は

4月5日、12日、19日、26日でございます。

ご予約は前日までにお願いいたします。(眼鏡の処方箋は日曜のみで、要予約になります)眼底検査、視野検査も予約制ですのでご予約お願いいたします。

ご予約はこちらの電話番号へ前日までにご予約下さい。045-311-1514

投稿日:2018年3月31日  カテゴリー:お知らせ

眼底検査

眼底には脳から枝分かれした血管が分布しており、全身状態と一緒に変化します。視神経にも色々な変化が現れます。眼底は全身状態を判断する上で大変大事な検査です。眼底を詳しく見るには散瞳剤を点眼して、瞳孔を広げて検査します。この点眼後は、まぶしくて近くのものが見えにくくなります。数時間続くので、車の運転等には注意が必要です。

 

投稿日:2018年3月27日  カテゴリー:眼の症状

年齢と目の調節力

目の調節力は10歳くらいが最大で、その後は加齢に伴い弱くなっていきます。これは、近視・遠視・乱視などとは関係のない年齢変化です。近くが見づらくなると、老眼を自覚しますが、実は10代の頃から始まっている現象なのです。このような調節力の低下は誰にでも起こりますが、近視の人はメガネを外した状態では、近くを見るのに便利な目なのであまり不自由をかんじません。

20代では18cmより手前が見えず、50歳では40cm手前が見えなくなってきます。年齢とともに水晶体は固くなり、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変える事が出来なくなってきます。そのため近くにピントを合わせる事が出来なくなるのが老眼です。

投稿日:2018年3月20日  カテゴリー:眼の症状

コンタクトレンズの間違った使い方

・使用期間を守らない

使用期間を過ぎても、レンズを買うのがもったいないからと言ってそのままレンズを使ったしまうと眼障害リスクが、約1.6倍高いという調査結果が報告されています。必ず使用期間は守るようにしましょう。

・レンズをつけたまま眠ってしまう

就寝中も目はまぶたの裏の血管から酸素を取り込んで呼吸しています。眠る時には必ずはずしましょう。連続装用タイプでも必要な時以外は外したほうが良いでしょう。

・レンズを貸し借りしてしまう

視力が同じでも目の形状は人によって違います。借りたレンズはあなたの目にあっているとは限りません。ウイルスや雑菌をうつしあう事にもなりかねませんので、レンズの貸し借りは絶対やめましょう。

・ソフトレンズを水道水ですすいでしまう

水道水や井戸水のなかにはアカントアメーバが混入していることがあり、角膜に小さな傷があるとそこから感染してしまう事もあります。必ずケア用品を使用するようにしましょう。

投稿日:2018年3月20日  カテゴリー:コンタクトレンズ 眼鏡

目のかゆみ

目のかゆみで真っ先に考えられるのは、「アレルギー性結膜炎」です。症状はかゆみ以外に充血や、白目の表面が腫れてぶよぶよしてきたり、まぶたの裏の結膜に小さなぶつぶつができます。アレルギー性結膜炎は花粉症で知られる病気です。季節ごとの花粉のほか、ペットの毛やダニ、空気中を浮遊するごみなどのハウスダスト、薬品、化粧品、特定の食べ物などがアレルギーの原因となります。これら特定の物に対してアレルギーを持つ人が、原因となる物に触れた時、体に反応がおきます。多くは晴れた日や、暖かい場所、原因植物の花粉が飛ぶそれぞれの時期などに起こりがちです。点眼治療などが行われますが、原因物質の除去も心がけて下さい。

アレルギーのほかにもかゆくなるものもいくつかあります。重症のアレルギー性結膜炎である「春季カタル」という病気は強い目のかゆみが起こります。まぶしさや、充血、まぶたの裏にびっしりとぶつぶつができたりします。まぶたの周囲の皮膚に湿疹や炎症が起こる「眼瞼炎」もめのあたりがかゆくなります。軽い細菌などによるごく一般的な結膜炎やものもらいもかゆくなります。

投稿日:2018年3月5日  カテゴリー:眼の症状

ヘルペス角膜炎

※帯状疱疹とは

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる病気で、一度このウイルスに感染するとウイルスは体の神経に潜み、体調を崩したりして弱ってくると、逆にウイルスは元気になり、皮膚に発疹をともなって、出てきます。この発疹は痛みをともなうことと、必ず顔、体の左右どちらかだけに出現し、体の中心線を超えて広がることはないです。目は三叉神経がウイルスに侵されると症状が出てきます。この神経の支配領域は皮膚で言うと、額から上まぶた、鼻先までで、この部位に発疹が出ると、目の方にも症状が出る可能性があります。軽い症状だと結膜の充血、目やに程度ですみますが、角膜にも病変がでてくることもあります。また、目の表面だけでなく奥にまで病変が及ぶこともあり、虹彩毛様体、網膜が侵されることがあります。こうなると視力にも影響することがあります。まれに、発疹を伴わない眼部帯状疱疹ヘルペスもあり、発疹がないからといって、目は大丈夫というわけでもありません。帯状疱疹ヘルペスは免疫機能の衰えている高齢者や全身疾患で治療中の方に発症すると重症になりやすいので、気を付けましょう。

投稿日:2018年3月5日  カテゴリー:眼の症状

 

ページトップ